AGA治療に効果的なミノキシジル

昔から薄毛で悩む男性は数多くいました。
年齢を重ねれば髪にコシがなくなり白髪になったり、薄毛からはげになるのは当たり前と思われていましたが、やはりいざ自分の髪が薄くなると何とかしようと苦労してきました。
バーコード頭と揶揄されたのも、かつらがばればれで笑われたのも今は昔、現在ではAGA治療が当たり前になってきました。

AGA治療に使用されている治療薬のひとつにミノキシジルがあります。
もともと血管拡張剤として使用されていたミノキシジルですが、使用している人たちに毛が濃くなるという副反応が多くみられたため、発毛・増毛剤として研究開発され発売されることになりました。

ミノキシジルには経口服用する内服薬タイプと、リキッドやゲルなど直接塗るタイプの外用薬があります。
いずれも発毛に高い効果が認められていますが、もともと血圧を下げるために用いた降圧剤なので、副作用などには十分な注意が必要です。
ミノキシジルは病院で処方してもらえますので、使用の際には自分で判断せずに医師に相談することをおすすめします。
特に心臓などに持病をお持ちの方などは必ず医師の指示に従ってください。
どんな医効果が高くても、安易な使用で病気を併発しては元も子もありません。