会社設立の方法~株式会社と合同会社の費用の違い

これから会社設立して起業しようとしている人にとって、設立手続にどれくらいのお金が必要なのかというのはとても気になることだと思います。

会社形態にはいくつかの種類がありますが、今回は検討されることが多いであろう、株式会社と合同会社の2種類について紹介していきたいと思います。

なお、今回紹介する費用については、会社設立の際の登記完了までの手続費用であり、会社設立の際に必要な器具、備品などや、登記以外の営業許可申請等の費用は含まれておりませんので、ご了承ください。

株式会社設立の場合

まず、株式会社ですが、全ての手続を自分でした場合、定款認証費用が約5万円、収入印紙代4万円、登記の際の登録免許税が最低15万円となり、約24万円となります。

合同会社設立の場合

次に、合同会社を設立の場合ですが、全ての手続を自分でした場合、紙の定款を作成する場合、収入印紙代4万円、登録免許税が最低6万円となり、約10万円となります。

専門家に手続を依頼した場合、当然ですが、上記費用プラス別途費用がかかります。

合同会社設立の場合には、公証役場での定款の認証が不要であることから、定款認証費用は不要となり、また、定款に貼り付ける収入印紙代の4万円についても、電子定款で作成する場合は不要になります。この場合、設立の際にかかる費用は、登録免許税のみとなります。

電子定款を作成するには、パソコン、カードリーダー、Adobe Acrobat、住民基本台帳カードが必要になりますが、これらをお持ちの方は自分で作成することも可能です。

もし、自分で電子定款を作成することができなくても、紙で定款を作成する際に必要な収入印紙代の4万円より安く電子定款を作成している行政書士がいますので、そちらに依頼したほうが設立費用を安く抑えることができるのではないかと思います。