ビジネスフォンはリースがおすすめ

オフィスで使用する電話機は一般家庭用の電話と違って、電話回線につなげばすぐに使用できるものではありません。
主装置を設置したり特別な工事も必要になります。
そのため費用も高額となってしまうのです。
そこでビジネスフォン導入はリースがおすすめなのです。

リースとはリース会社と契約して毎月リース料を支払い使用するというものです。
最初に契約期間を定め、その期間中は解約することはできません。
期間終了後は基本的にはリース会社に返還して、新たに新しい機器を導入するのが一般的ですが、安い料金で再リースをしたり、中古として買取することが可能な場合もあります。

リースのメリットは何といっても初期費用が掛からないことでしょう。
毎月決まったリース料金で使用することができるので資金計画も立てやすいでしょう。
またリース会社の所有となるため、メンテナンスの心配もなく使用できるのもメリットの一つです。